スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rewrite コンプリート


以下、ネタバレがありますので未プレイorプレイ途中の方はお控えくださいますようー。


























なんと作り込まれた作品か。
美しいエンディングを観ながら感嘆の声が漏れた。
自分の場合はどんなゲームでもシナリオと設定に意識が向くのだが、
それでもグラフィック、ムービーそして音楽の美しさに陶酔させられた。
物語の良さは言うまでもない。

今までのKeyとは確かに違う。
ジャンルであったりライターの方々であったり、
あるいは世界観であったり。

Keyは「優しい世界」を描いてきた。優しくとも甘くはない世界。
Rewriteの世界は今までの作品よりも一層苛酷だ。各人にのしかかる重みも。
けれど底にはKeyが描いてきた優しさが確かにある、と思う。
Rewriteも間違いなくKeyの連なりの一つなのだと思える優しさが――


とかなんとか。
※シリアス終了のお知らせ

やー、面白かった。
それだけ言えば充分なんですけども、
まあなんかソレっぽく言いたくなってしまう出来の良さだったと思って下せえ。

さておき。
シナリオから設定から凝ったつくりになってますので、
2周目が楽しみですね。
1周目では気づかなかった伏線、台詞の意味、その奥にある想い。
そういうのを2週目で読み取れることがやや複雑に思えるシナリオの面白さでもあります。

あとPhilosophyzとRewrite。いいこれ、これいい。
テンションあがるあがる。

色々書きたいことは積んでますが長くなりそーなのでざっと書いてしまいましょう。

・小鳥が報われないのが個人的にゃどうにも悲しい
・Keyの集大成みたいなイメージ
 魔物(Kanon)
 手を使わずに人形を動かす術(Air)
 オカ研もリトルバスターズを彷彿とさせる。
 サービスレベルではけろぴーがいたりロリ小鳥がステゴザウルスがプリントされた服を着てたり。
 そもそも鍵(=Key)。

・ライターさんの内訳は
  小鳥・朱音 :田中ロミオさん
  ちはや・静流:都乃河勇人さん
  ルチア   :竜騎士07さん
 たぶんこんな感じ?
・MAPに配置された特に意味のないコマや繰り返し同じコマを選べる手法は、
 懐かしのEVEシリーズを思い出した。ああいうのもたまにゃ楽しい。
・Terraルートの「(選べないけど)存在する無数の選択肢」の演出が良かった。
 こういう見せ方もあるんだなー。
・吉野ネタも噴いたが、小鳥の物まねはもっと噴いた。
 体育の先生ネタは田中ロミオさんの実体験だとか。ローカル過ぎて笑う。

-----------------------------------------------------
実はこの日記、2週間くらい前にアップしていた。ほんとは。
よくみたら『下書き』状態だった(←アップされてない)。

うむ、確認しろ俺。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。