スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エヴォリミットクリア

東出超人武闘!


あやかしびと、BulletButtlerに続く
東出祐一郎さんの超人武闘モノの3作目でございます。
や、『超人武闘モノ』は自分の勝手な命名ですが。

作中の世界観で、あくまでも個人と個人、
対人武闘で描ききる東出祐一郎さんの作風に乾杯したいところです。

本作屈指のシーンは雫ルートにおける、フォーサイス防衛戦・vsファントムキラーから
カラミティ・モンキーズ退場までだと個人的には思います。
挿入歌まで入って「もうここだけ映画化しちゃえよ!」と言いたくなる盛り上がりっぷりに大満足でございます。

対カラミティ・モンキーズがカズナルート以外、描写があっさり目なのはちょっと残念なところ。
まあ似たような内容になってしまいかねないので仕方ないのかもしれませぬ。

ドラマ性の高さもさることながら、
キャラクター同士の掛け合いの面白さは図抜けてますね。
つーか不知火さん変態すぎる(褒め言葉)。
キャラクターに関しては、勘太郎の立ち位置というか扱いがびみょ~だったのが残念だったなあ、というところでしょうか。

今作で行くところまで行った感があるので、次回作がどうなるかが楽しみです。


アクアさんのおろおろっぷりはとてもいいものだとおもいます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。