スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012秋冬期アニメ感想

既に終わったものもあり、終わりへと近づいているものもあり、
ここらで感想を書き綴ってみたく思います。


『BTOOM!』
原作未読。
セックス、バイオレンス……といわゆるB級っぽさの詰まった作品ですが、
私は割と好きでした。
何やってんスか高橋名人。

『絶園のテンペスト』
原作未読。
舞台劇を意識した演出や台詞回し、そして設定にご都合主義自体が織り込まれた点が面白い作品。
葉風さんいいよね。
あと左門さんのポッキー並に折れやすい心を誰かもっといたわってあげてください。

『不思議の海のナディア デジタルリマスター版』
実は観るの初めてでした。残る話数は4話くらい?
島編がやや冗長だったかなあ? こう、薄く引き延ばした感が強いというか。
でもすごく面白い。
キャラクターの深さ、人の心の描き方の巧さ、カメラアングルの面白さ、
そして冬月先生の非道っぷり(※違います)。
うん、名作だ。

『ソード・アート・オンライン』
原作未読。
題材としては『.hack』や『クリス・クロス』(高畑京一郎さん)と同じでありながら、
創り手によってこれほど風味が違うのか、と感嘆させられた。
『クリス・クロス』は、虚構と現実の境界線が曖昧になる恐怖を描き、
本作はネットの世界というものが肉体を離れた心の世界であるがゆえに人の心と触れあえること、
無限大に広がる空間の中で人と人との出会いが生まれるという、ネットが内包する希望を描いた。
それでいて現実を疎かにすることもまた誤りである、という警鐘も忘れない、良い意味で抜け目ない作品でした。
茅場晶彦のバックストーリーがあまり描かれなかったのがちょっと残念でした。
(原作では描かれてる……のかな?)

川原礫さんは『アクセルワールド』の原作を読んだときにも思いましたが、
本当に良い作家さんだと思います。

アスナとキリトのカップリングの美しさと愛おしさは今年一年で触れた作品たちの中でも随一でした。


他にも『ジョジョ』とか『サイコパス』とか『リトルバスターズ』とかありますが、
こちらはまだ話数が残ってそうなのでまた後日に!

来期の作品はまだ確認してないのですけど、
かの傑作、『ダンガンロンパ』がアニメ化されるそうじゃあありませんか。
少なくともほぼ毎日公式サイトを覗くくらいには期待と嬉しさを募らせております。
わっくわっくのどっきどっきだね!

……でも大胆なネタ多いから心配だ、色々と。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。